Google Apps Script

【Google Apps Script】GASからGoogleChatにメッセージを送る方法

GASからGoogleChatにメッセージを送る方法について解説します。

利用者数No.1プログラミングスクールTech Acamemy


最短4週間でGASをマスターできる【Google Apps Scriptコース
受講開始から1ヶ月以上前に申し込みを行うと、15,000〜23,000円ほど割引される「先割キャンペーン」実施中!!

GoogleChatのWebhookURLを取得

まずは、GoogleChatのWebhookURLを取得します。

GoogleChatを開き、GASからメッセージを送信したいルームを選択します。

ルーム名の箇所をクリックして、「Webhookを管理」をクリックします。

表示されるWebhookURLをコピーします。

これでWebhookの取得は完了です。

GASからメッセージを送信する

次にGASからGoogleChatにメッセージを送信するためのスクリプトを書きます。

UrlFetchAppクラスfetchメソッドを使用します。

UrlFetch.fetch(url, options)

・urlには先ほど取得したWebhookURLを指定します。
・optionsには、以下のような情報をJSON形式で指定します。

methodHTTPメソッド(get, delete, patch, postなど)
headersHTTP通信の追加情報
payloadHTTP通信のデータ本体

オプションは一部抜粋なので、詳しくは公式リファレンスをご確認ください。(GAS公式リファレンス

コード全文は以下です。

function sendMessageFromGAS() {
 
  var url = "WebhookURL";
  
  var message = {'text': "これはテストです"}
  var options = {
    'method': 'POST',
    'headers': {
      'Content-Type': 'application/json; charset=UTF-8'
    },
    'payload':JSON.stringify(message)
  };
  
  UrlFetchApp.fetch(url, options);

}

GASのおすすめスクール・書籍

利用者数No.1プログラミングスクールTech Acamemy


最短4週間でGASをマスターできる【Google Apps Scriptコース
受講開始から1ヶ月以上前に申し込みを行うと、15,000〜23,000円ほど割引される「先割キャンペーン」実施中!!

こちらの記事もおすすめ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です